B型肝炎訴訟.COM

B型肝炎でお悩みの方は、まずは弁護士の無料相談を受けてみるべきです。給付金を受け取れるかもしれません。

B型肝炎とは?肝炎の今を解説

      2016/02/29

sity

B型肝炎という病気をご存知ですか?この病気はB型肝炎ウイルスが原因の感染症で、患者数は全国で感染症としては最大級のものです。この病気の感染経路にはどのようなものがあるのでしょう。

子どもの頃にウイルスや細菌感染から守るため集団予防接種やBCGなどを打たれた方も多いと思います。昭和に行われたこの集団予防接種では、現在と違い注射器などの管理がずさんで、同じ注射器を連続使用していました。その結果、B型肝炎ウイルスを持った子に使用した注射器を使い回されたことで、健康な子どもがウイルスに感染したのです。これは後にB型肝炎訴訟として社会問題になりました。

その他の感染経路では、ウイルスのキャリアーとの性交渉、家族が感染している場合に歯ブラシやカミソリなど血液が付着する可能性のある物を使い回しての家族間感染、ウイルスに感染している妊婦から胎児への母子感染などがあります。

基本的には普通の生活を送っていればまず感染することはありません。現在では結婚・妊娠前の事前検査やワクチン投与などで感染率は著しく低く抑えられています。また母親が感染している場合でも、新生児にワクチンを投与するプログラムが確立されていますので、新たな感染者は昔に比べずっと少なくなっています。

B型肝炎に対する国の対策によって、徐々に感染者数は減少しており、数十年後には国内のB型肝炎ウイルスは根絶するとの予想も立てられています。

通常ウイルスに感染した場合、ほとんどの方は急性肝炎を発症しても自力で回復します。しかし中には病態が急激に悪化する劇症肝炎を発症し、慢性肝炎や肝硬変などに発展する場合があります。

そのような場合は、B型肝炎の治療を行いますが、治療は大きく2種類に大別されます。一つはインターフェロン療法で、若くて体力のある患者に用いられます。この療法が成功するとウイルスは陰性化し、以降肝機能がB型肝炎ウイルスによって支障を来すことはありません。

インターフェロンが効かなかった、又は行えないような病態の方は核酸アナログ製剤療法を行います。これは飲み薬で、肝炎ウイルスの増殖を阻害する効果があります。根本治療ではありませんので、飲むのをやめると病状が悪化する場合があります。生涯にわたって継続する必要のある治療法です。

現在では国からの給付金や治療費の大幅な免除が行われています。もしB型肝炎の症状でお悩みの方は、一度専門の弁護士に相談して、国からの給付金(50万〜3600万)を請求できるか問い合わせてみるべきでしょう。

多くのB型肝炎訴訟に詳しい弁護士事務所が、無料相談を行っています。また弁護士への報酬も、国との和解が成立し、給付金がおりてから支払するケースが多いです。フレイ法律事務所もまさにそんな法律事務所の1つです。

 - B型肝炎とは