B型肝炎訴訟.COM

B型肝炎でお悩みの方は、まずは弁護士の無料相談を受けてみるべきです。給付金を受け取れるかもしれません。

B型肝炎訴訟の和解金(給付金)額は?

      2016/02/29

money2

B型肝炎訴訟で国と和解すると、感染者の病態に合わせて給付金をもらうことができます。その給付金とはいくらなのでしょうか?

B型肝炎訴訟の和解金

和解金は感染者の病態や期間によって変わります。

  • 死亡、肝がん、重度の肝硬変 3,600万円
  • 軽度の肝硬変 2,500万円
  • 慢性B型肝炎 1,250万円
  • 20年の除斥期間が経過した慢性B型肝炎の方で、現在も慢性肝炎の状態にある方等 300万円
  • 20年の除斥期間が経過した慢性B型肝炎の方で、現在は治癒している方 150万円
  • 無症候性キャリア 600万円
  • 20年の敗訴期間が経過した無症候性キャリア 50万円

既に感染者が死亡している場合には、相続人が支給を受けることになります。

訴訟手当金

そのほか、上記給付金に加え訴訟手当金として以下が支給されます。

  • 訴訟等に係る弁護士費用(給付金額の4%)
  • 特定B型肝炎ウイルス感染者であることを確認する為の検査費用

また20年の除斥期間が経過した無症候性キャリアに対して以下が支給されます。

  • 慢性肝炎等の発症を確認する為の提起検査費
  • 母子感染防止の為の医療費
  • 世帯感染防止の為の医療費
  • 提起検査手当

これらの給付金を支給された方の病態が進展した場合には、既に支給された給付金と現状の病態に対する給付金の差額分が追加支給されます。

 - B型肝炎訴訟の給付額